時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

姫路駅の新幹線通過

投稿日:

スポンサードリンク



 

新幹線が通過する駅は多い。

よく話題になるのが静岡県は東海道・山陽新幹線で駅の数が一番多い6駅あるが「のぞみ」タイプは一切停車していない。

 

これには静岡県側もご立腹のようだ。

新幹線が通過する事は駅として「マイナス」ととられる事が多いのは事実。

 

ところがその通過が観光資源になっているとしたらどうだろうか?

姫路城で有名な兵庫県姫路市にある姫路駅の新幹線ホームは今、外国人観光客で溢れている。

 

彼らの一番の目的は新幹線に乗車する事ではなく高速でホームを通過する新幹線の見ることだ。

興味のある方はYoutubeで「himeji shinkansen」で検索してほしい。

 

彼らの投稿した動画が多数アップされている。

外国人観光客にとって世界遺産として「姫路城」の存在はもちろん大きい。

 

「姫路城」を見学した後に見た新幹線がSNSや口コミで拡散したと思われる。

現在、新大阪方面からの下りの新幹線は姫路駅の手前まで最高速度を時速270キロとされている。

 

ところが姫路駅の少し手前でこの速度制限が解除されるいやな時速300キロに達する。

さすがにホームで目の前を時速300キロで通過する高速鉄道を見たことのある外国人少ないだろう。

 

スポンサードリンク



 

姫路駅の新幹線ホームが観光スポットになるのもわかるような気がする。

実は東海道新幹線の最高速度は時速285キロに制限されている。

 

東海道新幹線は1960年代の建設であり当時のルート設定はかなりカーブが多くなってしまった背景がある。

しかし山陽新幹線の時代になるとトンネル掘削技術が一気に進歩した。

 

都市部の土地の取得が難しい場合は市街地を避けてトンネルでなるべく直線で延伸させている。

例えば神戸市付近は明らかに神戸市街地を避け、新神戸駅付近で少しだけトンネルを抜けてあとは六甲山の下をトンネルで貫いている。

 

 

山陽新幹線は全体のほぼ半分がトンネルの中だ。

だから風景をゆっくり見るができない。

 

でもそのおかげで山陽新幹線は時速300キロを出せるというわけだ。

ところで姫路駅をのぞみが通過するというのも少々寂しい話である。

 

姫路駅は乗降客数一日およそ51,700人(JR西日本管内で14位)のターミナルだ。

現状、姫路駅には東京行きのぞみが18本停車(3本は姫路駅が始発)している。

 

だが姫路駅を通過する上りの「のぞみ」と、「みずほ」(鹿児島中央駅発新大阪駅行)が78本もある。

鉄道ファンとしては少々寂しい話でもある。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.