時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

IT

ショートカットキーの覚え方

投稿日:

スポンサードリンク



 

パソコンに精通されている方はブラインドタッチ(キーボードを見ないで入力する技術)する際に「ショートカットキー」を多用する。

理由は簡単だ。

 

キーボードからマウスに持ち変える作業が非常に煩わしいからだ。

ちなみに「ショートカットキー」がわからない方のために説明をする。

 

通常はソフトウェアのメニュー画面をクリックして行っている作業をキーボードのタッチだけでしようというものだ。

簡単なところでは「印刷」というコマンドが「Ctrl」+「P(プリント)」である事は多くの方がご存じだろう。

 

実は自分も何故かしらブラインドタッチができるのだ。

というかホームページ制作に携わった方は嫌がおうにもブラインドタッチが出来る様になってしまう。

 

ブラインドタッチが出来ないと仕事にならないからだ。

確かにブラインドタッチをしているとキーボードから手を話すが面倒になってくる時がある。

 

そこでこのショートカットキーも嫌がおうにも覚えてしまうのだ。

ブラインドタッチが出来ない方でもこのショートカットキーを使いこなせればそれなりにカッコはつくものだ。

 

本日は誰でにもすぐできるショートカットキーの使い方を説明しよう。

 

スポンサードリンク



 

ワードで文章を選択してコピーする時は、対象となる文章をドラッグして編集の左上に表示されている「コピー」をクリックするかマウスの右ボタンでコピーの作業をするだろう。

そして貼りつけた場所に移動して右ボタンで貼り付け作業をする事になる。

 

しかしこれだはスマートではない。

マウスで貼りつけた場所に移動したら左手で「Ctrl」+「V」とキーを押せば非常にスマートに「貼りつけ」ができる。

 

 

また誤って文章や文字を消してしまって慌ててしまった事はないだろうか?

そんな時は一回深呼吸をしてから「Ctrl」+「Z」と打てば問題は一気に解決することになる。

 

「Ctrl」+「Z」は「元にもどす」の意味になる。

トラブル時の魔法のショートカットキーでもある。

 

ここで「一回深呼吸」と書いたのは、慌てて「Esc」や「Delete」など余計なキー叩いてほしくなかったからだ。

余計なキーを押すと失敗した時の「履歴」が消えてしまう可能性がある。

 

せめてこの二種類のショートカットキーぐらいは使い方を覚えておいてほしい。

何故ならあなたのパソコンライフが非常にスピードアップするからだ。

 

とにかく習慣にしてみてほしい。

 

スポンサードリンク



 

-IT

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.