時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

チェーンで立ち往生防止

投稿日:

スポンサードリンク



 

毎年問題になるのが大雪による高速道路や一般道での車の立ち往生だ。

タイヤチェーン準備しながらも想定以上の積雪により車が立ち往生するならまだわかる。

 

一番厄介なのが、チェーンなどの滑り止めを持たないで走行している車だ。

自分の車が困るだけならまだ良いが迷惑は多岐に波及する。

 

ということで国土交通省は「タイヤへのチェーンの装着」を義務づける全国の13区間を発表した。

「タイヤへのチェーンの装着」の条件として

 

「大雪特別警報や大雪に対する緊急発表が行われるような異例の降雪時」

「勾配の大きい峠部でこれまでに大規模な立ち往生などが発生した区間」

としている。

 

 

一般国道の具体的な区間については

 

国道112号 山形県内の西川町志津~鶴岡市上名川の区間27km

国道138号 山梨県山中湖村平野~静岡県小山町須走字御登口の区間9km

国道7号 新潟県内の村上市大須戸~村上市上大鳥の区間16km

 

国道8号 福井県内のあわら市熊坂~あわら市笹岡の区間4km

国道54号 広島県三次市布野町上布野~島根県飯南町上赤名の区間12km

国道56号 愛媛県内の西予市宇和町~大洲市松尾の区間7km

 

の6区間となる。

スポンサードリンク



 

高速道路としては

 

上信越道 長野県の信濃町IC~新潟県の新井PAの区間25km

中央道 山梨県内の須玉IC~長坂ICの区間9km

中央道 長野県県内の飯田山本IC~園原ICの区間10km

北陸道 福井県の丸岡IC~石川県の加賀ICの区間18km

 

北陸道 滋賀県の木之本IC~福井県の今庄ICの区間45km

米子道 岡山県の湯原IC~鳥取県の江府ICの区間34km

浜田道 広島県の大朝IC~島根県の旭ICの区間27km

 

の7区間となる。

 

上記区間についてはスタッドレスタイヤを履いていてもタイヤチェーン装着が義務化される。

これはかなり混乱が予想される。

 

一般的にスタッドレスタイヤは雪に強いとされるが坂道には弱いといのがその理由らしい。

だから上記区間は降雪が多く勾配のきつい峠が設定されている。

 

この状況になるのは年に数回あるからしいが毎日走っているトラックドライバーにとっては頭の痛い取組だ。

果たしてこのチェーン装着義務化は立ち往生防止になるのか?

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.