時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

IT

PDFにする理由

投稿日:

スポンサードリンク



 

官庁や役所などの公的機関の書類をダウンロードする時に「Acrobat Reader(アクロバット・リーダー)」のインストールする事になる。

一旦インストールをしてしまえばバージョンの差があるがいつでも使用できる。

 

ところでこのアクロバット・リーダーをなぜダウンロードする必要があるのか?

答えは「PDF」を開くことができるからだ。

 

それではPDFの意味を答えられる方はいるだろうか?

普段何気なく使っているPDFという言葉の意味をこたえられる人は若い人でも少ない。

 

「PDF」とは「Portable Document Format」の略だ。

直訳をすると「手軽に持ち運べる文章の仕様」というぐらいの意味になるだろう。

 

「PDF」はアメリカの主にデザイン関係のソフトウェアを手掛ける「Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ)」が開発した文書のファイルフォーマットの事だ。

「PDF」が公的機関の書類に選ばれるのははパソコンの環境を選ばないからだ。

 

WordやExeleなどソフトの制約がない。

最低限アクロバット・リーダーがあれば文章や画像を閲覧できるとされている。

 

そもそも世界中のパソコンのOS(オペレーションソフト)すべてがウィドウズやマックだけではない。

 

スポンサードリンク



 

またソフトだって各パソコンに入っているものはまちまちである。

その問題を是正するための統一規格のソフトのような位置にある。

 

ところで皆さんはこのアドビシステムズの名前はご存じだっただろうか?

たぶんにデザインのお仕事をされている方なら知らない人はいないくらい有名か会社だ。

 

この会社がメジャーになったのはデザイナー御用達の「Illustrator(イラストレーター)」と「Photoshop(フォトショップ)」というソフトの存在だ。

かくいう自分もこの二つのソフトには相当お世話になった。

 

というか今もかなり利用している。

この二つのソフトはホームページ制作に携わる人にとって必需品なのだ。

 

 

またアニメーションなどの仕事もこのソフトで作業が変わってしまったと言われている。

昔は一枚一枚セル画を描いていたが現在では保存してある画像を呼び出し編集することで一から作業することが無くなっている。

 

もちろん良い事ばかりではない。「Illustrator(イラストレーター)」は「版下データ作成」まで行ってしまうため当時は印刷関係で仕事を奪われた業者が多かった。

「イノベーション(技術革新)」には痛みが付き物なのかもしれない。

 

スポンサードリンク



 

-IT

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.