時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ギャル流行語

いい波乗ってんねの意味

投稿日:

スポンサードリンク



 

毎年発表される「ギャル流行語大賞」というものがある。

今年の一位に輝いたのが「いい波のってんね~」という言葉。

 

シニア世代の我々にとってはサーフィンの波に乗っているという意味にしかとれない。

「いい波のってんね~」の本当のところの意味についてシニアの方にもわかるようになるべく噛み砕いて説明をしてみよう。

 

この「いい波のってんね~」の流行発信元は「tiktok(ティックトック)」という動画SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)だ。

十代の女性がこの文句を唄いながら踊るというもので確かに耳に残る。

 

百聞は一見にしかず。

Youtubeで「tiktok いい波のってんね~」と検索すればすぐ見ることができる。

 

言葉のニュアンスから「調子が良い」とか「ノリノリ」という事が理解できる。

リズムの合わせて踊る手法は昨今のお笑いの手法でもある。

 

インスタグラムと同じで情報を共有することにより多くの人からの共感を得ることに一種のステータスがあるのだろう。

ところで少し気になるのがこの「tiktok(ティックトック)」の運営者だ。

 

「tiktok(ティックトック)」中国国内で最大のユーザーがいるアプリで2016年に張一鳴(Zhang Yiming)によってサービスが開始されている。

 

スポンサードリンク



 

この中国製というのがミソだ。

先日、カナダで中国のファーウェイの幹部が逮捕されている。

 

現在アメリカではファーウェイが排除されていて日本や欧州諸国も追随すると思われる。

今回逮捕された孟容疑者の父親でファーウェイの創業者の任正非CEOは中国人民解放軍の元軍人なのだ。

 

諜報活動に使われる事はあのお国柄では容易に想像できる。

そして「tiktok(ティックトック)」については諜報活動までは不明だが西側諸国の若者に中国共産党のイデオロギーを発信するツールとしては最適ではないだろうか?

 

 

また最近ではシニア世代にまで浸透しつつある「LINE」だがこちらも少々嫌な噂がある。

「LINE」の親会社は韓国のネイバーという会社。

 

この会社の創業者である李海珍(イ・ヘジン)氏は元国家情報機関の出身なのだ。

何気に使っている「LINE」が反日国家である韓国側に情報が流れているという噂は前々からあるのだ。

 

壁に耳あり障子に目あり。

スパイが大手を振って歩いている日本は諜報活動に疎いとされている。

 

あなたが呑気に「LINE」を利用している時にお隣の国では「いい波のってんね~」と言っているかもしれない。

 

スポンサードリンク



 

-ギャル流行語

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.