時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

インフルエンザ注射と風呂

投稿日:

スポンサードリンク



 

先日、行きつけの病院に血圧の薬をもらいに行ったらやたらと繁盛している。

待合室にはたくさんのマスクをしている患者であふれている。

 

受付の会話を聞いているとどうもインフルエンザ予防接種待ちのようだ。

実をいうと自分は過去においてインフルエンザにかかったことがない。

 

だからインフルエンザの予防接種を受けたことがないのだ。

どうだろうシニアの方の中にもそういう方が多くないだろうか?

 

うる覚えだが子供の頃の集団で何かを打たれているような気がする。

今から思うと怖くて当時は注射針の使いまわしがあった。

 

要は一本の注射器で数人の子供に打つというものだ。

幸いにも感染症にはかからなかったが、今から思うと恐ろしい時代だった。

話を戻すとその頃に何かしらの注射を打った事により我々の世代にはインフルエンザの「免疫」があるような気がするのだ。

 

もちろん裏付けないしもしかしたらシニア世代でもインフルエンザにかかっている人がいるかもしれないからあまり力説はしない。

ところでもし仮に自分がインフルエンザを予防注射をしたら二つの憂鬱な問題がある。

 

スポンサードリンク



 

一般的にインフルエンザの予防注射をした後24時間の飲酒は禁止されている。

この理由でインフルエンザの予防注射をしない呑兵衛は多いのではないだろうか?

 

そう呑兵衛は自分の飲酒を阻害される要因から逃げるまわる傾向にある。

だから自分などはお酒を空ける日は健康診断の前日など年に数回あるかないかだ。

 

そしてもう一点が風呂に入れない事だ。

実をいうと他の呑兵衛はどうかはわからないが自分にとって飲酒と風呂はワンセットなのだ。

 

 

夏場は思い切り汗をかいてシャワーを浴びてから飲むビールが格別であり。

また冬場は寒いおもいをした後、熱い風呂で体を温めて飲む熱燗が堪らないからだ。

 

だからインフルエンザをはじめとした「予防接種」が苦手なのだ。

もちろん健康であるのになんとわがままなんだろうと思われてしょうがない。

 

ということでインフルエンザの予防接種後の風呂について調べてみると意外や一時間以上時間が経過していれば入浴も可のようである。

もちろん接種部分こするような行為は不可だ。

 

しかし入浴後に飲むことができないのあればやはり自分はインフルエンザの予防注射はしないだろう。

そう自分はこのあと一生インフルエンザにかからないよう気もしてきた。

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.