時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

耳毛の音

投稿日:

スポンサードリンク



 

最近、耳の中が非常に気になっている。

どうも耳の中で何かが触れているのだ。

 

たぶんに伸びた「耳毛」が耳の壁に当たっているのだろう。

若い頃にはほとんど意識しなかった耳毛がシニア世代になると特に男性は「耳毛」が元気になる。

 

これが本当に気になるのだ。

だから耳のあたりに指がいってはつまめる耳毛をつい探ってしまう。

 

ただ耳毛に限らず毛を抜くことは決して良い事ではない。

昔、テレビのバラエティー番組でインドの床屋が「耳毛」をライターで燃やしているシーンがあった。

 

確かに抜くよりも衛生的だし合理的なような気もするが日本の床屋では絶対許されないだろう。

危険だから真似はしてはいけない。

 

人間の毛が生えているところにそれなりの目的や機能があるという。

髪の毛は皮下脂肪や筋肉のない頭部の脳を衝撃から保護するためだ。

 

眉毛は雨など頭上から流れ落ちる水から目を保護するためだ。

また鼻毛は体に取り入れる空気のフィルターになっている事は有名な話だ。

 

だから無駄毛ではないのだが果たしてこの「耳毛」が存在価値は何なのか?

いろいろ調べてみると「外部の刺激や虫など異物から耳を守る」事が主たる目的の様なのだ。

 

スポンサードリンク



 

しかしちょっとおかしい。

この目的ならば生まれた赤ちゃんの時から必要ではないだろうか?

 

でも赤ちゃんに耳毛は生えておらず歳を重ねたそれも男性に生えてくるのだ。

これは自分の考えた仮説だが、老化により聴力や耳付近の神経機能が低下する。

 

そうすると外部からの刺激は虫などの異物の侵入に鈍感になるので「耳毛」がそれらを阻止しているのではないだろうか?

この仮説を裏付けるものもないが人間の進化から考えればこの「耳毛」は生きていく上で必要な毛なのだろう。

 

 

でも街中でこの「耳毛」を伸ばし放題にしているご高齢の方を見ると正直引いてしまう。

鼻毛もそうだが外にでているものはやはり処理するのが最低限のエチケットのように思うからだ。

 

鼻毛は鏡を見れば本人でもわかる。

でも耳毛は周囲の人が注意してあげないとわからない人もいる。

 

やはり奥さんや子供さんが言ってあげるべきだろう。

自分は耳毛カッターの購入を検討している。

 

やはり抜くのは良くないだろう。

そこでネット通販で耳毛カッター探して見る。

 

夢中になって探していたらふと気がついた。

知らない間に指で耳毛を探りはじめていたのだ。

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.