時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

IT

PDFの開き方

投稿日:

スポンサードリンク



 

役所などの公的機関の書類をダウンロードする場合に「Acrobat Reader(アクロバット・リーダー)」の使う事が増えた。

PDFとは「Portable Document Format」の略称だ。

 

その意味は「手軽に持ち運べる文章の仕様」というイメージだろう。

この「PDF」はアメリカの「Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ)」が開発した文書のファイルフォーマットになる。

 

「PDF」が素晴らしいのはパソコンの環境を選ばないという事だ。

WordやExeleなどソフトウェアの制約もない。

 

また画像などを印刷してもほぼその画像のイメージ再現できることも評価されている。

そのため公的な文章に採用されている側面もある。

 

お手持ちのパソコンにこのアクロバット・リーダーが入っていなければ無料でインストールもできる。

一旦インストールをしてしまえばいつでも使用可能だ。

 

もちろん必要に応じてバージョンのアップも可能。

ところでこのソフトを作っているアドビシステムズのことはご存じだろうか?

 

この会社を有名にしているのはこのアクロバット・リーダーよりも「Illustrator(イラストレーター)」や「Photoshop(フォトショップ)」だろう。

 

スポンサードリンク



 

デザイン関係のお仕事をしている方でこれらのソフトを知らない方いないくらい有名な会社である。

実をいうとかくいう自分もこれらのソフトに大変お世話になっている。

 

 

ホームページの制作に携わる人にはこれらのソフトは必需品だ。

特に「Illustrator(イラストレーター)」は世界の印刷ビジネスを激変させてしまった。

 

従来の印刷ではデザインの校了(確認)の後、版下(製版の元となる原稿)の制作にかかるが、「Illustrator(イラストレーター)」この版下データまでの制作を行う事ができる。

このソフトの出現により俗に「版下屋さん」という仕事が無くなってしまった。

 

ウィンドウズ95発売の頃には中小の印刷会社がこの時代の流れにのれずに淘汰されてしまったのだ。

例えばこのPDFの出現により官公庁からの印刷物の出稿が減っているのも事実。

 

ペーパーレス化の推進と言われているが印刷屋さんの仕事が減っている事は紛れもない事実なのだ。

技術の進歩は既存の仕事の淘汰の上になり立っているようなものなのかもしれない。

 

スポンサードリンク



 

-IT

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.