時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

休肝日の意味

投稿日:

スポンサードリンク



 

呑兵衛の人で「休肝日」の意味を知らない人はいないだろう。

定期検査の後に医師から必ず指摘されるのが「休肝日」だ。

 

かくいう自分も医師から何度聞いたかわからない。

肝臓は休ませてあげると回復する機能もあるという。

 

 

理想は週に一回連続した二日間と言われているが呑兵衛の人にはかなりしんどい休暇である。

ということで大方の呑兵衛がサプリメントに向かう。

 

よく「しじみ」や「ウコン」が肝臓に良いとされている。

自分もかなり試してみたが今ひとつ実感が湧いてこない。

 

そこで一番フィットしたのが「スルフォラファン」だ。

「スルフォラファン」とはブロッコリーの新芽に微量含まれているファィトケミカル(植物栄養素)の事だ。

 

ブロッコリーといってもスーパーで購入してくるあの緑色の野菜ではない。

新芽とは「スプラウト」と呼ばれ穀類、豆類、野菜などの種子を人為的に発芽させたものをいう。

 

ちなみにかいわれ大根もそのひとつだ。

この部分の栄養素にアメリカのジョンズ・ホプキンス大学のポール・タラレー教授らが目をつけた。

 

その効果は「解毒作用」として体内に入った発癌物質などを無毒化し対外に出す「解毒酵素」にある。

 

スポンサードリンク



 

「解毒」と聞いて思いだすのはもちろん肝臓だ。

ということで自分はこの「スルフォラファン」のサプリメントを定期的にとっている。

 

正直すこぶる調子が良い。

ただしこれはあくまでも「個人の感想」なので個人差がある事は理解してほしい。

 

なおこの「スルフォラファン」はスーパーなどでカップに入れての野菜として売られている。

品名は「ブロッコリースプラウト」になっている。

 

その見た目はまさに小ぶりな「かいわれ大根」だ。

価格は100円前後と非常にリーズナブルに設定されている。

 

サプリメントはちょっという方はこの「ブロッコリースプラウト」のサラダから試してみてはいかがだろうか?

ところで酒の肴にも注意が必要だろう。

 

自分が注意しているのは植物性の高タンパクなものを肴にしている事だ。

たとえば豆腐やえだまめなどは肝臓に良いおつまみのようだ。

 

美味しいお酒を飲めるのは神様が与えてくれた特権だと思っている。

そのお酒を楽しむ時間を人生末長く継続させたいのであれば、最善の策は週に一回連続した二日間の「休肝日」を作ることだろう。

 

休肝日の明けの酒は最高だ。

これが「休肝日」とる本当の意味なのかもしれない。

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.