時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

耳毛の原因

投稿日:

スポンサードリンク



 

今朝朝から右耳の中が非常に気になる。

耳の中で何かが当たっているのだ。

 

この感覚は若い頃にはなかった感覚だ。

そう伸びた「耳毛」が耳の中で触れているのだ。

 

シニア世代特に男性にはやたらと「耳毛」が生える。

これが非常に気になるのだ。

 

ついつい耳付近に指がいってはつまめる物は抜いてしまう。

ただ耳毛に限らず毛を抜くことはあまり良い事ではないようだ。

 

以前テレビでインドの床屋さんが「耳毛」をライターで燃やしているとこを見た記憶がある。

抜くよりも合理的で衛生的な気もしないでもないが、もちろん危険なので真似をしてはいけない。

 

さて人間の毛には生えるところにそれなりの目的や意味があるらしい。

髪の毛は皮下脂肪や筋肉のない頭部の脳を衝撃から守るためだ。

 

まつ毛は雨など頭の上から流れ落ちる水を目に入れないためだ。

また鼻毛は体に取り入れる空気の汚れを除去するフィルターの役目になっている。

 

ただ生えているわけではないのだ。

それではこの「耳毛」が生える目的は何のか?

 

どうも外部からの刺激や虫など異物から耳を守る事にあるらしい。

 

スポンサードリンク



 

でも冷静に考えるとこの機能は人間が生まれた時の赤ちゃんから必要な気もするのだ。

でも赤ちゃんに耳毛は生えてこない。

 

これは自分の仮説だが、老化により聴力やその他の神経の機能が低下する。

そうなることにより外部からの刺激や異物の侵入に反応し難くなるので「耳毛」がカバーしているのではないだろうか?

 

 

さてこの「耳毛」だが女性の方にはあまりピンとこないようだ。

この「耳毛」が生える原因はやはり男性ホルモンに由来しているのだ。

 

とにかくこの男性ホルモンは厄介だ。

女性ホルモンに由来する髪の毛が薄くなっても男性ホルモンに由来する「髭」とこの「耳毛」は雑草のように生えてくる。

 

いっその事のこの発毛力を頭皮に移植できないかと思ってしまう。

女性にはわからないと思うが、髭剃りほど面倒な作業はない。

 

日々の髭剃りの作業から解放されて頭がふさふさならノーベル賞並の発明になると思う。

そんな話を聞いたことがないので現実的には不可能なんだろう。

 

とにかくこの気になるこの「耳毛」をどうにかしたい。

抜くこともできないならば耳毛カッターを買うしかないだろう。

 

ネット通販で商品を探していたら知らないうちに指で耳毛を探りはじめていた。

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.