時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

禁煙で仕事の効率あがる

投稿日:

スポンサードリンク



 

自分は学生時代から煙草を吸い始めて一時はかなりのヘビースモーカーだったが30歳に煙草はきっぱりやめた。

煙草をやめて本当に良かったと思っている。

 

現在では煙草を吸っている人のそばにいるのも嫌になってしまった。

ところで今年の10月1日にセブンスターが一箱500円になった。

 

セブンスターが180円の時代に吸っていた自分にとっては隔世の感がある。

煙草ひとつ買うとワンコインが飛ぶと考えるとスモーカーは高額納税者のような気がする。

 

ただ今回の煙草の値上げでいったいどの程度の喫煙者が煙草を止めるのかは疑問だ。

この状況下で煙草を吸い続けている人は煙草の執着はすごいものがあると思う。

 

 

恐らく1000円台に突入しない限り禁煙はないだろう。

ところでよく話題になるのが煙草を吸う人と吸わない人のオフィスでの処遇だ。

 

煙草を吸う人は頻繁にデスクを離れて喫煙ルームに向かう。

これが何故かしら許されているオフィスがある。

 

概ねこの手の寛容な会社のトップは喫煙者である。

ところが面白くないのは非喫煙者である。

 

スポンサードリンク



 

仮に非喫煙者の人間が頻繁にデスクを離れて休憩室でお茶をしていたらどうなるだろうか?

概ね上司が飛んできて戻るように言われるだろう。

 

オフィスにおける喫煙者と非喫煙者の仕事の効率はだいぶ違うような気がする。

もちろん喫煙者は煙草を吸っているので効率が上がっていると主張するだろう。

 

でも煙草は「百害あって一利なし」でとても効率が上がっているとは思えない。

煙草は「癌」、「脳卒中」、「心筋梗塞」、「動脈硬化」、「高血圧」、「糖尿病」などなど命にかかわる疾患のリスクを高めることになる。

 

そして対人関係にも影響を及ぼす可能性がある。

煙草を吸わない人もしくは過去に吸っていたがやめた人が喫煙者が気になるのは「口元の臭い」だ。

 

とにかく臭いのだ。

これは喫煙者には絶対にわからない思う事実だ。

 

特に女性は気をつけた方が良いだろう。

ファッションと称して口で吹かすだけの煙草は煙を肺にいれないから大丈夫だという。

 

そんなことは言っている女性の「口元の臭い」はまさにヘビースモーカーだ。

もちろんビジネス上のつきあいから取引先をそれを指摘する事はないだろう。

 

一度、家族や友人そして恋人に聞いてみると良いと思う。

返る言葉はすべて「臭い」だと思う。

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.