時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

宮崎市に地下鉄

投稿日:

スポンサードリンク



 

一般的に地下鉄敷設の条件としてその都市の人口規模が100万人と言われている。

100万の人口がいないと地下鉄という高額な投資に見合う収入が得られないという事だ。

 

だから日本の地下鉄がある都市で一番人口が少ないと思われる仙台市でも人口はおよそ108万人もいる。(千葉県の船橋市には東京メトロ東西線が走っているがこちらはあくまでも東京都の地下鉄なので船橋市はカウントしない)

だから100万人を割る様な都市はモノレールで対応する事になる。

 

千葉市や北九州市などがそうだ。

ところで地方の都市の地図を見ているとついつい地下鉄計画を立てたくなる。

 

人口が100万にも満たない都市でも仮想で敷設してみるのは楽しい。

ということで今回食指が動いたのは宮崎市だ。

 

なぜ宮崎市なのか?

そもそも九州の県庁所在地で一番、地下鉄に縁遠いイメージがある。

 

一時期は「東国原知事」で脚光を浴びた宮崎市のこのところめっきり話題にのぼらない。

そこで一計を案じたというわけだ。

 

東西に走る1号線と宮崎駅から北西の分岐する2号線から構成される。

 

宮崎港フェリーターミナル

吉村町

宮崎駅

橘通り

県立宮崎病院前

宮崎大橋

西野原

大塚台公園

 

スポンサードリンク



 

2号線

宮崎駅

丸島町

江平西

神宮一丁目

宮崎神宮

矢の先

平和台公園

という感じになるだろうか?

南北でJRの移動があるので東西に広げるのセオリーだと思うが、何分にも宮崎市のオフィス街、繁華街があまり大きくないのでほぼ住宅地を走ることになるだろう。

本来であれば宮崎港フェリーターミナル駅から南下して宮崎空港につなげたところだが、JR九州が折角建設した「宮崎空港線」がある。

 

 

まさかアクセス路線を二本も作るわけにいかないだろう。

ちなみに宮崎空港は東京羽田便は一日18往復、大阪伊丹便が一日11往復と結構な便数がある。

 

そもそも九州にある空港は地理的な関係でそこそこの便数が飛んでいる。

ブルートレイン無きあとJR側も拾える客は可能な限り拾いだいだろう。

 

現実的な問題からいえば宮崎県の人口自体が100万人ちょっとしかいない。

かなり無理な計画というは承知の上だ。

 

という事でこの計画は自分の独断と偏見による仮想地下鉄だ。

実現する可能性はかなり低いと思われる。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.