時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

IT

ショートカットキーの使い方

投稿日:

スポンサードリンク



 

パソコンで文字の入力をする際にブラインドタッチ(キーボードを見ずに入力する方法)をする方はマウスに持ち変えるのが非常に煩わしいのでショートカットキーを多用する。

かくいう自分も何故かしらブラインドタッチができる。

 

実をホームページ制作を生業にされている方は嫌がおうにもブラインドタッチが出来る様になってしまう。

ブラインドタッチが出来ないと仕事にならないからだ。

 

ということでホームページ制作を多少かじった事のある自分もブラインドタッチはそこそここなせる。

さてそのショートカットキーだが、ブラインドタッチが出来ない方でも使いこなせればそれなりにカッコはつくものだ。

 

本日は誰でにもすぐできるショートカットキーの使い方を説明する。

習慣になるとマウスの「右ボタン」を押すよりも早くなる。

 

シニアの方もぜひ覚えてほしい。

ワードで文章を選択してコピーする際には、対象となる文章をドラッグして編集の左上に表示されている「コピー」をクリックするかマウスの右ボタンでコピーを呼び出すだろう。

 

これに関しては右手にマウスを持っている状態なのでこれで良いと思う。

そのまま貼りつけたい場所にカーソルを移動して、左手で「Ctrl」+「V」とすれば非常にスマートに「貼りつけ」ができる。

 

スポンサードリンク



 

また誤って文章を消してしまって慌てた事はないだろうか?

その時は一回深呼吸をしてからおもむろに「Ctrl」+「Z」と打てば問題は一気に解決する。

 

「Ctrl」+「Z」とは「元にもどす」の意味であり、トラブル時の魔法のショートカットキーである。

ここで「一回深呼吸」としたのは、慌てて「Esc」や「Delete」などの余計なキーを打つと、失敗した時の「履歴」が消えてしまう可能性があるからだ。

 

 

例えばデザインなどに使われるイラストレーターというソフトなどはこの履歴を相当数覚えているので「元にもどす」作業がより緻密にできる。

パソコンは人間が思っている以上に高機能である事を忘れていけない。

 

印刷の際に使う「Ctrl」+「P」は多くの方が知っているのでここでは省くが、せめてこの二種類のショートカットキーの使い方を知っているだけであなたのパソコンライフは非常にスピードアップになるのではないだろうか?

まずは習慣にしてみてほしい。

 

-IT

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.