時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

スポーツ

箱根駅伝を沿道で応援

投稿日:

スポンサードリンク



 

来年1月2日、3日に行われる第95回東京箱根間往復大学駅伝競走の予選会が昨日、東京都立川市で行われた。

この予選会の前に今年の箱根駅伝でシード権を確保した大学を確認しておく。

 

1位 青山学院大学       10時間57分29秒

2位 東洋大学     11時間02分32秒

3位 早稲田大学    11時間09分09秒

4位 日本体育大学   11時間09分28秒

5位 東海大学     11時間10分09秒

 

6位 法政大学     11時間10分20秒

7位 城西大学            11時間12分12秒

8位 拓殖大学     11時間12分32秒

9位 帝京大学      11時間13分26秒

10位 中央学院大学        11時間14分25秒

 

さて予選会とはいかなるものか?

立川市の北側にある陸上自衛隊駐屯地を出発して昭和記念公園に至る21.0975kmで行われる。

 

といってもこの立川陸上自衛隊駐屯地と昭和記念公園は実は隣接している。

施設内を複数回まわることにより距離を稼ぐのだ。

 

各校10名以上12名以下の走者が走って行われる。

 

スポンサードリンク



 

10人の合計タイムで競われ11位以内の大学が来年1月の本戦へと駒を進めることができる。

さてその11校の結果をみると

 

1位 駒沢大学

2位 順天堂大学

3位 神奈川大学

4位 国学院大学

5位 明治大学

 

6位 東京国際大学

7位 大東文化大学

8位 中央大学

9位 国士舘大学

10位 山梨学院大学

11位 上武大学

 

しかし、駒沢大学を筆頭に、順天堂大学、神奈川大学、明治大学、大東文化大学、中央大学、国士舘大学、山梨学院大学などかつての箱根駅伝の常連校が予選会からあがってきている。

各校が凌ぎを削っているのがわかる。

 

さて箱根駅伝はこたつの中でじっくり見たいところだがやはり沿道にでて応援したいという方もいるだろう。

箱根近辺で応援したい方は宿の予約を急いだほうが良いだろう。

 

 

正月の箱根の旅館は非常に人気だ。

この時期だとかなり厳しいかもしれない。

 

青山学院大学の連覇も気になるが、自分はどちらかいうとシード権争いを非常に楽しみにしている。

これから二か月ちょっと選手達の調整が始まる。

 

ベストの状態で当日に臨んでほしいものだ。

正月の風物詩である箱根駅伝競走。

 

学生達の熱戦が楽しみだ。

-スポーツ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.