時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

カオスの使い方

投稿日:

スポンサードリンク



 

最近、テレビなどの番組で「カオス」という言葉をよく聞かないだろうか?

「カオス」というとギリシア神話にでてくる「原初神」を思いだす方がいるかもしれないが、昨今の流行の「カオス」とは少々意味合いが異なる。

 

テレビなどで使われている「カオス」とは英語で「混沌とした」というのが本来の意味となる。

さらに「混沌」の意味を辿っていくと「区別が立たずに入り混じっている事」のようだ。

 

これだけ具体性にかける表現も珍しいのではないだろうか?

要はかなりあいまいであり便利な言葉でもあるのだ。

 

テレビ関係者はこの手の言葉が大好きだ。

あとあと突っ込まれてもいくらでも逃げることができるからだ。

 

シニア世代がこの言葉を使う事はないと思うが、あえて使い方を揚げてみると

「モロッコのマラケシュの迷宮がカオスすぎる」

 

とか「ハロウィンの渋谷交差点がカオスすぎる」

というのが本来の表現になるだろう。

 

ところが最近のテレビの表現はどちらかいうと

「ものまねバトル下剋上がカオスすぎる」

 

とか「混乱状態」を表現する言葉になっているような気がする。

 

スポンサードリンク



 

ただ自分はこれを悪いとは思っていない。

言葉はいきものだから時代ごとにその意味が変わってくることは多々ある。

 

例えば「情けは人の為ならず」なる言葉がある。

一般的には「人に情けをかけるのはその人のためにならない」という認識ではないだろうか?

 

ところがこちらの正確な意味は「人に情けをかけるのは自分のためになる」というものだ。

また「他力本願」とは「他人の力で臨みを叶える事」と思っていないだろうか?

 

ここでいう「他力」とは他人ではなく「阿弥陀如来」の事で仏様の力を借りて「仏様になろうとする願い」の事だ。

こう考えると幼い頃から使ってきた言葉は時代とともにその意味を変えて来ていることがわかる。

やがて間違った使い方が主流になってしまうのだ。

 

 

特にマスコミはこの手の時代にのった言葉には敏感である必要がある。

この言葉の仕掛け人は必ずどこかにいる。

 

「カオス」という日本語的な響き。

そして形容詞として日本語にしっくりはまる文字数。

 

仮に文章の表現として間違ったものになろうとテレビ的には数字を稼げれば何の問題もないのだ。

今日もテレビ番組のキャッチコピーはカオスすぎるのだ。

 

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.