時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

水戸市に地下鉄

投稿日:

スポンサードリンク



 

一般的に地下鉄敷設の条件としてその都市の人口規模が100万人と言われている。

100万の人口がいないと地下鉄という高額な投資に見合う収入が得られないという事だ。

 

だから日本の地下鉄がある都市で一番人口が少ないと思われる仙台市でも人口はおよそ108万人もいる。
(千葉県の船橋市には東京メトロ東西線が走っているがこちらはあくまでも東京都の地下鉄なので船橋市はカウントしない)

だから100万人を割る様な都市はモノレールで対応する事になる。

千葉市や北九州市などがそうだ。

 

ところで地方の都市の地図を見ているとついつい地下鉄計画を立てたくなる。

人口が100万にも満たない都市でも仮想で敷設してみるのは楽しい。

 

 

今回は特にその街の構造に興味を持った茨城県の県都である「水戸市」で考えてみたい。

水戸市は水戸街道(国道6号)沿いに発達した街かと思えばどちらかというと北関東を横断する国道50号線沿いに街が発達したイメージがある。

 

だから街が東西に長いのが特長だ。

そこで考えたのが南北線だ。

 

といっても厳密には北ではなくその街の構造を考慮して北西西に進むルートになる。

水戸駅を中心に南北に路線を敷設してみた。

 

国道123号の茨城大学前からスタートする。

 

スポンサードリンク



 

駅の配置は下記のようになる。

茨城大学前

末広町三丁目

末広町一丁目

大工町

南町

水戸駅

白梅町

元吉田町

水戸工業高校前

米沢町

茨城県庁前

といった感じだろうか?

 

茨城大学前から白梅町までは地下を走り元吉田町から終点の茨城県庁駅前までは高架で走らせると設定だ。

何分にも水戸市のランドマークタワーである茨城県庁は水戸市の中心部から遠い。

 

この茨城県庁と北部にある国立茨城大学を結ぶのはセオリーといえばセオリーの配置になると思う。

沿線には学校も多く通学需要も見込めるのではないだろうか?

 

あわよくば茨城県庁から南に延伸して「茨城空港」まで鉄路で結ぶという夢もでてくるだろう。

という事でこの計画は自分の独断と偏見による仮想地下鉄だ。

 

実現する可能性はかなり低いと思われる。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.