時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

スポーツ

日本でラグビーWC

投稿日:

スポンサードリンク



 

さて2019年は待ちにまった「ラグビーWC日本」だ。

といっても非常に盛り上がっていないと思うのは自分だけだろうか?

 

正直、自分はサッカーは非常に好きなのだがラグビーは積極的に見る意識がない。

そもそもルールもよくわかっていないのだ。

 

ただ折角日本で初めて開催されるということなので概要だけ調べてみた。

この「ラグビーWC」は1987年から4年ごとに開催されていて今回で9大会目になる。

 

驚くなかれ日本は9大会連続9度目の出場という事で初開催以来の皆勤賞なのだ。

この事実を知らない人も多いと思う。

 

2019年大会の出場国はまずシードチームとして、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ共和国、アルゼンチン、ウェ―ルズ、フランス、アイルランド、スコットランド、イングランド、ジョージア、イタリアそして日本となる。

ちなみに日本は2015年大会では予選リーグ3位のため、もし今回が開催国でなかった場合はアジア予選から勝ち上がる必要があった。

 

この他に各地区の予選通過国として、ロシア、フィジー、トンガ、サモア、ナミビア、アメリカ、ウルグアイ。

そしてプレーオフで勝ち上がったもう一か国の計20ヶ国で行われれる。

 

スポンサードリンク



 

5ヶ国で構成されるグループリーグの上位2チームX4=8ヶ国が決勝トーナメントに残れる。

日本は開催国として比較的緩そうなプールAに配置されている。

 

と言ってもアイルランドもスコットランド前回大会でベスト8に残っている国なので簡単な相手ではない。

何とかこの予選リーグを突破していただくと開催国として盛り上がってくると思われる。

 

 

さてその試合はどこで見れるのか?

札幌市の「札幌ドーム」、岩手県釜石市の「鵜住居復興スタジアム」、埼玉県熊谷市の「熊谷ラグビー場」、東京都調布市の「東京スタジアム」、横浜市の「横浜国際総合競技場」、静岡県袋井市の「エコパスタジアム」、愛知県豊田市の「豊田スタジアム」、東大阪市の「花園ラグビー場」、神戸市の「御崎公園球技場」、福岡市の「博多の森球技場」、大分市の「大分公園総合競技場」、熊本市の「熊本県民総合運動公園陸上競技場」の計12ヶ所で行われる。

 

なにかこの記事を書いていたら前回大会の「日本対南アフリカ戦」の興奮が蘇ってきた。

ぜひとも日本には頑張ってもらいたい。

スポンサードリンク



 

-スポーツ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.