時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

シニアの内臓脂肪

投稿日:

スポンサードリンク



 

最近では単なる脂肪と表現せずに「皮下脂肪」と「内臓脂肪」に分けて表現するようになった。

皮膚の下に溜まるのが「皮下脂肪」で女性に多く、内臓内に溜まっていくのが「内臓脂肪」でこちらは男性に多いようだ。

 

自分もまさに「内臓脂肪」型の肥満予備軍で日夜、「ウォーキング」と「スロースクワット」で減らそうと努力している。

「ウォーキング」は比較的どなたにもなじみやすいと思う。

 

早朝、近隣の公園を周回していると多くのシニアの方とすれ違う。

最近のシニアの健康志向を実感する時だ。

 

それも男性よりも女性のほうが多く感じる。

女性はいくつになっても若く美しくそしてスレンダーでいたいのだろう。

 

さて「スロースクワット」なるものはご存じだろうか?

「スクワット」はよくプロレスラーがトレーニングに用いているのでそのイメージが湧くだろう。

 

「スロースクワット」はネットで見つけたのだが中性脂肪減らす効果があるらしい。

足を肩幅程度に広げて腕は胸の前で交差させる。

 

ゆっくりスクワットをするのだがこれが結構きつい。

自分は晩酌の前に部屋で行っている。

 

「スロースクワット」をすることにより多少、飲む事への罪の意識が薄れる。

 

スポンサードリンク



 

ウォ―キングが「有酸素運動」ならさしずめこのスロースクワットは「筋肉トレーニング」だ。

どちらも「脂肪燃焼」には有効な手段のようだ。

 

さて運動のほうはさておき問題は食生活の改善だ。

筋肉を作る観点からもたんぱく質としての肉の摂取は必要なのだが、問題は一緒に摂取してしまう動物性油だ。

 

 

そこで最近ではもっぱら「サラダチキン」にこだわっている。

これは鳥の胸肉がメインで油の多い皮もついていない。

コンビニなどでもひとつのコーナーになっている。

 

また今話題のEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれているサバ缶も積極的に摂取している。

血液サラサラ効果や中性脂肪値が下がる効果が期待される。

 

最近はマスコミでかなり宣伝しているので一部のスーパーでは品切れになっている。

もちろん「サバ」だけが良いのではなく「青魚」全般が良いのであまり缶詰にこだわる必要もないと思う。

 

そして最後に主食だが、自分は最近もっぱら「こんにゃく麺」に凝っている。

そこに「もずく酢」をかけて食べている。

 

単調な「こんにゃく麺」に「もずく酢」は非常に合うし、お酢にはダイエット効果が期待できる。

とにかくシニアは内臓脂肪を減らさないといけない。

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.