時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

複雑な東京の地下鉄4

投稿日:

スポンサードリンク



 

東京の地下鉄には経営母体に関係なく路線番号が通しで割り当ててられている。

今回は2号線と言われている東京メトロ日比谷線について触れてみたい。

 

日比谷線は路線距離20.3kmで目黒区の中目黒駅から足立区北千住駅間を結んでいる。

途中には六本木駅、霞が関駅、銀座駅、茅場町駅、秋葉原駅、上野駅など主要な駅を結んでいる。

 

この路線は以前は中目黒駅から東急東横線に直通運転で相互乗り入れをしていた。

現在は反対側の北千住駅から東武スカイツリーライン(伊勢崎線)のみの相互直通運転になっている。

 

なので北千住駅を出発する電車は、中目黒駅行き、途中の霞が関駅行き、六本木駅行き、南千住駅行きしかない。

南行きは比較的わかりやすいだろう。

 

さて問題は中目黒駅発の北行きの電車だ。

東武線側の終点になっている駅は、北千住駅行きの他に、竹ノ塚駅行き、北越谷駅行き、北春日部駅行き、東武動物公園駅行き、南栗橋駅行きと5駅もある。

 

特に怖いのが終電などの乗り過ごしだ。

もっとも遠い南栗橋駅まで行っていまうとタクシーで都内に戻ろうとするとかなり割高になる事は覚悟したほうが良いだろう。

 

スポンサードリンク



 

なお日比谷線は北千住駅で3階ホームに到着するがそれより遠方に帰る客のほとんどが1階の東武スカイツリーラインのホームに向かう。

ここで注意して欲しいのがこの下り方面の準急電車は急行電車は東京メトロ半蔵門線から入ってくる事だ。

 

 

これが東京の地下鉄の複雑さのひとつなのだ。

自分がもし今、中央区の「人形町駅」付近にいて東武スカイツリーラインの南栗橋駅に向かおうと思ったら、この日比谷線の「人形町駅」から乗車せずに、少し歩いて「水天宮前駅」から半蔵門線に乗車するだろう。

 

多少遠回りだが北千住駅で上下階のホームを移動する必要もない。

またそのまま準急や急行の乗車できるからだ。

 

このあたりの微妙なさじ加減は都内で営業などの仕事で頻繁に地下鉄に乗っていないとピンとこないだろう。

例えば「銀座駅」と「東銀座駅」は歩いても数分の距離だ。

 

「銀座駅」から「東銀座駅」まで数百mを一区間銀座線に乗って「東銀座駅」から都営浅草線に乗る人は、地下鉄の位置がほとんどわかっていないか金銭に余裕のある方としか思えない。

という事で次回はその銀座線に触れてみたいと思う。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.