時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

女性の会話力

投稿日:

スポンサードリンク



 

早朝、早起きして近隣の公園のまわりを歩いている。

この公園少々大き目なので一周およそ1.2kmぐらいはあるだろうか?

 

二週まわるのを日課にしているがさすがに雨の日はお休みになる。

最近ではかなりいろいろな人と顔見知りになり挨拶をかわす方も増えたようだ。

 

こういう時に思うのが女性のコミュティー能力の高さだ。

女性は友だちを作るのに才長けた人が多いようだ。

 

これは昔聞いたことがあるのだが、女性は子供ができた時から敬語を使わなくなるらしい。

同じ年齢の子供を持つ女性同士はすべて並列になるようだ。

 

何故なら子供を授かる年齢は一律ではない。

十代の女性もいれば四十を超えている女性もいるかもしれない。

 

でもここで明らかに年配の女性に「敬語」を使う事は失礼にあたる。

皆「ママ一年生」というくくりになってしまうのだ。

 

敬語を使わないということは「上下」のくくりもない。

すなわち皆友達の対象になれるのだ。

 

女性は学校を出て就職、結婚後、上下関係のない社会で人間関係を構築していく。

それはそのまま老後のコミニュティにも生かされていく事になる。

 

男性から見ても羨ましい限りだ。

 

スポンサードリンク



 

ところが男性はどうだろうか?

学生時代に体育会にいた人間はそのままののりで階級社会である「会社」に数十年に渡って身を置くことになる。

 

 

年下の出世など苦味を味わいながらもこの社会を乗り越えてきた人間が定年という現実社会に放りだされるわけだ。

それはあまりにもかよわい存在になってしまう。

 

特に大手企業にいた人に多いのが「看板の後ろ盾」が無くなることだ。

事あるごとに「社名」と「役職」を初対面の人に告げることによって保ってきた自分の立ち位置が見えてこないのだ。

 

という事で朝の公園には複数の賑やかなん女性グループと孤独に歩いたり、ランニングする男性たちとの別れている。

どこか女性たちは楽しそうであり、男性たちは黙々と仕事をこなしているようにも見える。

 

厚生労働省が発表した平成29年度の「簡易生命表」によると日本人の「平均寿命」が過去最高を記録している。

男性が「81.09歳」、女性が「87.26歳」だがこの6年の男女差とは女性のこのコミニュティ能力にまつわるもののようが気がしてしょうがない。

 

男性はコミニュティ能力がないためリタイア後もストレス社会にいるのかもしれない。

 

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.