時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

イギリスの都市ランキング

更新日:

スポンサードリンク



 

大英帝国の栄華を極めた王国だけに有名な都市も多い。

とりあえず上位20位までをあげてみよう。

 

2007年のデータだ。

1.ロンドン 755.4万人

2.バーミンガム 98.9万人

3.グラスゴー 60.4万人

4.リヴァプール 46.8万人

5.リーズ 46万人

 

6.シェフィールド 44.9万人

7.エディンバラ 44.1万人

8.ブリストル 43.5万人

9.マンチェスター 39.5万人

10.レスター 34.3万人

 

11.コヴェントリー 31万人

12.カーディフ 30.7万人

13.キングストン・アポン・ハル 30.1万人

14.ブラッドフォード 30.1万人

15.ベルファスト 27.4万人

 

16.ストーク・オン・トレント 26万人

17.ウルヴァーハンプトン 25.2万人

18.サウサンプトン 25.2万人

19.レディング 24.9万人

20.プリマス 24.8万人

 

どうだろう?

意外だったのではないだろうか?

 

100万を超える都市はロンドンのみだ。

 

スポンサードリンク



 

さてひとつひとつの都市を見ていく前にイギリスという国について説明しなくてはならない。

イギリスの正式名称はご存じだろうか?

 

「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」だ。

「イングランド」、「スコットランド」、「ウェ―ルズ」、「北アイルランド」の4つの国からなる連合国家だ。

 

ということで各国には更に首都が存在する。

イングランドの首都はロンドン、スコットランドの首都はランキング七位のエディンバラ、ウェ―ルズの首都はランキング12位のカーディフ、北アイルランドの首都はランキング15位のベルファストだ。

エディンバラは知っていても他の二都市を知っている方は少ないのではないだろうか?

 

 

「世界三大都市」に数えられるロンドンも都市圏人口では大阪にも及ばない。

イギリスでは首都ロンドンに集中的に人が集まっているのだろう。

 

知名度があるバーミンガムで98.9万人だ。

日本でいうところの千葉市ぐらいの規模になる。

 

ビートルズで有名なリヴァプールの人口も僅か46.8万人。

日本でいうところの岡山県倉敷市や金沢県の石川市あたりの人口規模になる。

 

サッカーでは世界的に有名なマンチェスターも39.5万人だ。

日本でいうところの大阪府豊中市ぐらいの規模になる。

こうなると非常に親近感を感じる。

 

申しわけないが他の都市はイメージがない。

イギリスは思ったよりこじんまりとした都市が多いようだ。

 

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.