時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

小京都とは

投稿日:

スポンサードリンク



 

全国には古い街並が似ていることから「小京都」と呼ばれる街がある。

その「小京都」を調べていたら「全国京都会議」なる組織を発見した。

 

それぞれの小京都と呼ばれる街のイメージアップと観光客増加の相乗効果をねらったものらしい。

この会議への加盟には条件がある。

 

①京都に似た自然、景観

②京都と歴史的なつながり

 

③伝統的な産業、芸能がある

等でいずれか当てはまれば良いようだ。

 

現在、京都市も含めて45市町の加盟がある。

 

 

岩出山(宮城県大崎市)

村田(宮城県村田町)

角館(秋田県仙北市)

湯沢(秋田県湯沢市)

棚倉(福島県東白河郡棚倉町)

 

栃木(栃木県栃木市)

足利(栃木県足利市)

佐野(栃木県佐野市)

小川(埼玉県比企郡小川町)

嵐山(埼玉県比企郡嵐山町)

 

古河(茨城県古河市)

湯河原(神奈川県南足柄郡湯河原町)

加茂(新潟県加茂市)

飯山(長野県飯山市)

城端(富山県南砺市)

 

小浜(福井県小浜市)

郡上八幡(岐阜県郡上市)

森町(静岡県周智郡)

西尾(愛知県西尾市)

伊賀上野(三重県伊賀市)

 

京都(京都府京都市)

亀岡(京都府亀岡市)

 

スポンサードリンク



 

篠山(兵庫県篠山市)

出石(兵庫県豊岡市)

龍野(兵庫県たつの市)

大洲(愛媛県大洲市)

中村(高知県中村市)

 

安芸(高知県安芸市)

倉吉(鳥取県倉吉市)

松江(島根県松江市)

津和野(島根県鹿足郡津和野町)

津山(岡山県津山市)

 

高梁(岡山県高梁市)

尾道(広島県尾道市)

山口(山口県山口市)

萩(山口県萩市)

朝倉(福岡県朝倉市)

 

小城(佐賀県小城市)

伊万里(佐賀県伊万里市)

人吉(熊本県人吉市)

山鹿(熊本県山鹿市)

日田(大分県日田市)

 

杵築(大分県杵築市)

日南(宮崎県日南市)

知覧(鹿児島県南九州市)

 

確かに一覧を見ただけでも歴史がありそうな街が並ぶ。

この取組は非常に興味深いものだ。

 

ところで本家本元の京都のメリットは何なんだうか?

「全国京都会議」の事務局は京都の観光協会に置いてあるようだ。

たぶんに世界一の観光都市の余裕なのだろう。

 

しかし45市町あって行った事のある街を数えてみた。

「角館」、「栃木」、「小川」、「嵐山」、「古河」、「湯川原」、「郡上八幡」、「京都」、「松江」、「尾道」、「伊万里」ぐらいだろうか?

 

それも「小京都」のくくりで出かけた記憶は一回もない。

「小京都」を否定はしないがもっと独自の個性を出したほうが良いかもしれない。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.