時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

事故物件とは

投稿日:

スポンサードリンク



 

「事故物件」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

主に不動産の取引の際に使われる言葉だ。

 

賃貸契約の対象となるアパートやマンションの部屋もしくは共用部分において前居住者が「殺人」、「自殺」、「火災」などにより死亡した履歴のある物件とされている。

宅地建物取引業法においては「重要事項説明」として告知義務がある。

 

ただしこの告知も次の入居者が入居して数か月後に部屋を出た際にはその義務がなくなる。

そこでこの「事故物件」に数か月だけ住むバイトがあるという都市伝説がある。

 

家賃はもちろんただでアルバイト代も出るらしいが夜中は友人の家に泊まり歩く事になるのではないだろうか?

この噂の真意はともかく普通の感覚でいえば仮にリフォームしてあってもあまり気持ちの良いものではなさそうだ。

 

だから同地域同条件で格安物件が出ている場合はそのような事を疑う必要がありそうだ。

そこでネットで簡単にその「事故物件」を確認できるサイトがある。

 

「大島てる」というサイトをご存じだろうか?

サイトのリンクはこの記事には貼らないが興味ある人はグーグルで「事故物件」と検索してもらえばたぶん一位表示されるはずだ。

 

スポンサードリンク



 

サイトを開くと日本地図が現れスクロールして拡大していくと「火」が増えていく。

この「火」が事故物件を場所を表わしておりこの「火」をクリックすると事故の詳細が標示される。

 

部屋を探している人にとっては非常に有意義な情報だが、賃貸物件の所有者にとっては非常に厄介な存在でもある。

さてこのなんとも不思議な「大島てる」というサイト名は実は企業の名称でもある。

 

もともとは不動産業だったが現在の業種は「情報・通信業」となっている。

サイト内で表示される広告などが主な収入源のようだ。

 

ITビジネスの最大の売りは「情報」という観点から考えれば究極の商売なのかもしれない。

ただ残された遺族の事を考えると胸が痛くなる。

 

 

事故の場所が表示され続けるからだ。

「知る権利」と「知られたくない事実」のはざまの中でこのサイトが成立している。

 

興味本位で覗くには少々敷居の高さを感じるかもしれない。

日本は今後、少子高齢化で空き家が増えるとされている。

 

また賃貸物件も大都市圏以外では空がでてくるだろう。

いろいろなリスクがついてまわる不動産投資には充分注意したいところだ。

 

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.