時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

ファミコン言葉とは

更新日:

スポンサードリンク



 

歳をとると若い世代の言葉が気になる。

ここ数年「〇〇じゃねー」と尻上がりで言う事が若い女性まで流行っている。

 

自分は言葉は生き物なので多少の変化には寛容だと思っている。

が一つだけ納得できないのが若い女性の「旨い!」だ。

 

自分が若い頃だったら付き合っている女性とレストランに行って「このハンバーグは旨い」と言われたらドン引きする。

やはり女性には「美味しい」という言葉が似合うと思う。

 

ということで今回は言葉について触れてみよう。

「ファミコン言葉」なる言葉を聞いたことがあるだろうか?

 

もちろんここで言う「ファミコン」とは任天堂の「ファミリーコンピューター」の略語ではない。

この「ファミコン」の「ファミ」は「ファミリーレストラン」の事で、「ファミコン」の「コン」は「コンビニエンスストア」の「コン」だ。

 

つまりファミリーレストランやコンビニのアルバイトが日常的に使う言葉という意味だ。

なかには社員でも平気で使っている人もいる。

 

代表的な例としては「5000円からお預かりします。」とか「お支払は現金でよろしかったでしょうか?」というものだ。

本人達はいたって真剣に敬語を使っていると思っているが聞いているほうが違和感だらけになってしまう。

 

スポンサードリンク



 

まず最初の「から」だ。

この「から」はいったい何にかかっているのか不明だ。

 

また二番目の表現は現在進行形の行動なのに、質問は明らかに過去形になっている。

またこんな表現も聞いた事はないだろうか?

 

「お弁当の方は温めますか?」というものだ。

この「方」とはいったいどちらの方角を指しているのがわからない。

 

「ファミコン言葉」は先輩アルバイトから後輩アルバイトへと伝染していったものと思われる。

大手ファミリーレストランや大手コンビニもアルバイトの言葉までは干渉しないのだろう。

 

こちらは今後、学生から高齢者までも伝染していくかもしれない。

さてこれはファミコン言葉ではないが最近の若い女性に初対面の人にこのような事を言う人が多いと言われている。

 

 

「私って〇〇じゃないですか?」というものだ。

初対面の人に自分の個性を疑問形で聞くというものだ。

 

これを聞いた初対面の人は「はあそうですか」としか返し様がない。

そもそも言っている本人がその意味を理解しているのかも疑問だ。

 

この記事の最初の言葉を修正しないといけない。

自分は若い人達の言葉の変化に寛容だと思っていたがそれほど寛容じゃなかったかもしれない。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.