時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

シニアの育毛

投稿日:

スポンサードリンク



 

最近、鏡の前で頭を見るのが日課になった。

なんとかこの歳まで頑張ってきた髪の毛もそろそろ限界のようだ。

 

自分はカツラをかぶってまで外見を装う気はないのでこのまま自然に禿げていこうと思っている。

がしかしどの男性だって出来ることならいつまでも地毛で頑張って欲しい事には変わらない。

 

 

ましてや女性なら尚更だ。

ということで暇があれば髪の毛に関する事をネットで調べている。

 

一時期、「AGA(男性型脱毛症)」に興味を持って医師に聞いたことがあったが、その医師に言わせるとある程度の年齢になると「AGA」に処方される「プロペシア」などの薬は期待できないらしい。

またこの手の薬には望まないその他の副作用もある様で興味が一気に引いてしまった。

 

もちろんこれはその先生の意見でありセカンドオピニオンを聞いたら「シニアでも問題ない」という回答が来るかもしれない。

 

自分は医者ではなく単なる「育毛の情報オタク」だ。

「育毛の情報オタク」の戯言として聞いて欲しい。

 

スポンサードリンク



 

そこで最近興味を引かれているのがホソカワミクロンの浸透型発毛促進剤の「ナノインパクト100」なる商品だ。

あまり宣伝じみた事はしたくないのだが、「ナノインパクト100」の「届かなければ意味がない」というキャッチコピーに引かれてサイトを見入ってしまった。

 

「ナノインパクト100」は毛穴の200万分の1のサイズで皮脂を突き抜けで浸透するというもの。

すごく説得力を感じてしまうのだ。

 

実際、自分はフケ症なので通常「プレシャンプー」で毛穴を開けてから通常のシャンプーをしている。

お風呂から出た後にすぐ育毛トニックは使わないで髪の毛が少し乾いた状態で育毛トニックをかけると毛穴に浸透しているような気がするのだ。

 

だからこの手の浸透しそうな発毛促進剤はぜひ「プレシャンプー」と絡めて使ってみたいのだ。

 

人を老化させるイメージは「髪の毛」と「しわ」だと思う。

もちろん歳相応が良いという人もいるだろう。

 

ただどうだろう。

シニアのちょっとした集まりにも女性は見た目を非常に意識する。

 

気にしないといいながらも男性だって服にもこだわっている。

そう自分達はVANなどアイビーファッションをけん引してきた世代だ。

 

いくつになっても若くみられたいと思うのは決して悪いことでない。

むしろ推進すべきだと思っている。

 

だから自分も「育毛の情報オタク」になっているのだ。

「人事を尽くして天命を待つ」良い言葉だ。

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.