時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

スポーツ

ロシアW杯ベスト4が決まる

投稿日:

スポンサードリンク



 

夕べもロシアワールドカップで盛り上がってしまった。

ついついお酒も進んで少々頭が痛い。

 

ベスト4を決める二試合目地元ロシアとクロアチアの戦いだ。

個人的にはクロアチアを押している。

結果はPK線でクロアチアの勝ちだった。

 

それにしてもいくら地元とはいえロシアはベスト8に残る大金星だった。

ロシアはFIFAランキングは70位だからこれは凄い事だ。

 

ベスト4に残ったのは、フランス、ベルギー、イングランド、クロアチアのヨーロッパ組みだけだ。

そもそもイタリアが今回出られなかった事を考えるとヨーロッパサッカーのレベルの高さを実感する。

 

よく「個人技」の南米に対して「組織力」のヨーロッパと言われるが今回の試合をみても、ベスト4に残った国は「個人技」と「組織力」がともに優れていると思った。

なかでもフランスの10番(サッカーにおけるエースナンバーでファンタジスタと呼ばれる)を19歳で引き継いだパリサンジェルマン所属のキリアン・エムバぺがとにかくすごい。

 

ウサイン・ボルトに匹敵するような走りでアルゼンチンゴールを襲う。

最後はアルゼンチンディフェンダーが追い付けないと判断してPK覚悟でファールで止めに行かざるえなくなった。

 

スポンサードリンク



 

フランスの10番といえば「将軍」と呼ばれたミシェル・プラティニやジネディーヌ・ジダンなどそうそうたるビッグネームが背負ってきている。

キリアン・エムバぺも期待ができそうだ。

 

 

強豪ブラジルを制してベスト4に進んだのはベルギーだ。

 

日本戦でも戦っているから馴染みのチームだろう。

実をいうとベルギーの柱になっているFWのエデン・アザール(イングランドプレミアリーグのチェルシー所属)、ロメル・ルカク(イングランドプレミアリーグのマンチェスターユナイテッド所属)、MFのケビン・デ・ブルイネ(イングランドプレミアリーグのマンチェスターシティ所属)、DFのトビー・アルデルワイレルト(イングランドプレミアリーグのトッテナム所属)、GKのティボー・クルトワ(イングランドプレミアリーグのチェルシー所属)と軒並みプレミアリーグの主力チームに所属している。

これでは弱いはずがない。

 

そしてクロアチアに対するイングランドはサッカーの母国としても有名だ。

その誇りにかけて優勝を狙ってくると思う。

 

今週7月11日12日に準決勝が行われて、7月16日に決勝が行われる。

今後は飛び石になりそうだがまた眠られない日々がやってくる。

 

スポンサードリンク



 

-スポーツ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.