時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

お遍路の意味

投稿日:

スポンサードリンク



 

最近、海外から観光客にも人気なのが「四国八十八箇所(しこくはちじゅうはっかしょ)」のお遍路だ。

「四国八十八箇所」とは空海(弘法大師)にゆかりがある寺院の事である。

 

「四国八十八箇所」の霊場を巡礼することにより、開運、縁結びなどの願いごとが叶うとされるものである。

札所の番号は徳島県の鳴門市からスタートして時計まわりで四国を一周するルートになっている。

 

 

一番から二十三番までは徳島県で阿波国の霊場は「発心の道場」と称されている。

二十四番から三十九番は高知県で土佐国の霊場は「修行の道場」と称されている。

 

四十番から六十五番は愛媛県で伊予国の霊場は「菩提の道場」と称されている。

そして六十六番から八十八番は香川県で讃岐国の霊場は「涅槃の道場」と称されている。

 

なお香川県側の霊場から逆回りにまわっても問題はない。

また一回の巡礼ですべての寺をまわる必要もない。

 

自分の都合にあわせて分けてまわる事を「区切り打ち」という。

一周およそ1200kmで仮に一日徒歩で30km歩いても40日かかる計算だ。

 

もちろん最近は健脚の徒歩よりはバスなどのパッケージツアーなどのほうが人気がようである。

 

スポンサードリンク



 

鉄道が好きな自分だとつい「青春18切符」と絡めて旅をしたくなる。

以前にも触れているがこの切符は緩行電車、快速電車に乗り放題だ。

 

この手の広域を安くまわる旅にはもってこいのイメージがあるがそんな簡単な話ではない。

まずJR四国内は都市部を除いて運転本数が期待できない。

 

ちなみに香川県の県庁所在地の高松駅の時刻表を見てみる。

高松市と徳島市を結ぶ高徳線の朝の8時台は特急1本と緩行電車1本のみだ。

比較的都市圏と思われる高松市でさえこの状況だから四国全体ではおおよその察しがつく。

 

また霊場と名がつくところには「山号(さんごう)」がついている。

「山号」がついているからといって山奥という事ではないが、概ね駅からは近くないことが容易に想像できる。

 

そうなると駅からほとんど場合がタクシーになりかねない。

八十八箇所を駅からタクシーでアプローチしていたら格安旅が売りの「青春18切符」を使っている意味が無くなってしまう。

 

そうなるとシニアの方には前述のバスのツアーの方が良いかもしれない。

阿波国、土国佐、伊国予、讃岐国を4つに分けて巡礼することを「一国参り」という。

この単位ぐらいで4回にわけて巡礼するのが一番良いかのもしれない。

 

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.