時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

100円ショップの経済学

投稿日:

スポンサードリンク



 

「100円ショップ」をご利用される方も多いと思う。

最近では某百貨店に「100円ショップ」が入る事で話題になっていた。

 

以前、ユニクロが百貨店に入った際にも話題になったが、「100円ショップ」だけは百貨店には入らないと思っていた。

その百貨店内でも相当な論議があったはずだ。

百貨店は地域に住む数%の富裕層をターゲットにしていると言われている。

同じフロアーに100円商品が並ぶことにその富裕層がどんな反応を見せるか興味がある。

 

日本という国は変わっている国で、ルイヴィトンなどのブランドバッグを買いに行った帰りに、「100円ショップ」にも寄れるという購買に関する棲み分けができているという。

つまり出すところにはしっかり出すが、ケチるところはしっかりケチるといった方が良いだろう。

 

さてそこでケチるところの代表格である「100円ショップ」の話になる。

誤解のない様にお願いしたいのだが、自分も定期的に「100円ショップ」は利用している。

 

ただその買い物のほとんどは最終的には捨てていくことになる「消耗品」だけだ。

以前はその価格に驚き土鍋とか文房具を購入していたが、最終的に購入するものは「消耗品」のみに落ち着いた。

 

スポンサードリンク



 

製品の製造に携わったことのある方なら理解してもらえると思うが、商品の製造原価はどんなに高くても小売価格の30%以下に落ち着くことになる。

そうしないと利益が出ないからだ。

 

そうなると「100円ショップ」の商品は単純に原価は「30円」以下という計算になる。

もちろん人件費の安い外国で作るにせよ「30円」で生産できるものには限界がある。

 

すなわち「消耗品」以外にはその価値がないというのが自論なのだ。

ただ一部の商品については集客用に限りなく薄利なものもあるようだ。

だからすべてがすべてとは言わない。

 

そしてもうひとつ「100円ショップ」側の擁護をするとすれば、購入客はその商品の質よりもその買い物時間に対価を払っているともい思える。

少ない金額で大量の買い物ができる。

それはその購買者の購買欲を満たす事ができている。

すなわち前述した百貨店で買い物する一部の富裕層の満足感と金額は違えど同じものではないだろうか?

 

でも自分は「100円ショップ」で消耗品の目的買いしかしない。

商品には人それぞれの価値観があって良いのではないだろうか?

 

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.