時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

青春18切符が使える時期

投稿日:

スポンサードリンク



 

JRの『青春18切符』をご存じだろうか?

11,850円で5日間JR全線の普通・快速列車に乗りほうだいできる切符だ。1日分(1回分)が、2,370円でどこまでも行けてしまう。

「青春18切符」というと若者向けの切符というイメージがあるが、年齢制限はなく我々シニアでももちろん利用ができる。

あえて制約があるとすれば時期と路線だ。これからの時期だと発売期間が2018年7月1日(日)~2018年8月31日(金)で利用期間が2018年7月20日(金)~2018年9月10日(月)となる。ついでに冬季ようとしては発売期間が2018年12月1日(土)~2018年12月31日(月)で利用期間が2018年12月10日(月)~2019年1月10日(木)となる。

念のためお近くのJRの緑の窓口でご確認される事をお奨めする。

ちなみに春もあるがそれは来年、時刻表で調べてほしい。

さてこの切符は一人で五日間利用するのもよし、五人で一日利用することもできる。

往復で2370円を超える観光地へ五人で旅する時にはお奨めだ。(切符が一枚しかないため、同一行程が条件となる)

発売当日限りが有効で0時を過ぎて最初に停まる駅まで乗車可能だ。

自分はこの切符を二回利用したことがあり、北海道と大阪まで格安で旅してきた事がある。

スポンサードリンク



 

とここまではいたせり尽くせりだったのが、この数年の新幹線開業による平行在来線のJRからの経営切り離しにより、状況がだいぶ変わってきたようだ。

旧のJR路線である道南いさりび鉄道線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行線、しなの鉄道線、えちごトキめき鉄道線、あいの風とやま鉄道線、IRいしかわ鉄道線、伊勢鉄道線、京都丹後鉄道線、智頭急行線、土佐くろしお鉄道線及び肥薩おれんじ鉄道線などには基本的には乗車できない。

ただし例外規定もあり、青い森鉄道線、あいの風とやま鉄道線、IRいしかわ鉄道線などは一部区間で通過利用する場合に限り乗車を認めている。

どちらにしてもあとあとトラブルになりかねないので、旅行の計画段階からJR側に乗車ができるのかを確認される事をお奨めする。

今後、長崎本線など新幹線開業にともない更に経営切り離しになると何とも使い勝手が悪い切符になりそうだ。

一人乗ろうが満員になろうが電車を走らせる固定費は同じだ。

それだったら普段お客様の少ないローカル線にお客様を呼び込もうというコンセプトだったはずなのに、経営切り離しによるスリム化でお客様の利便性が悪くなってしまうのは皮肉な話だ。

切り離された第三セクターだって、お客様に下車してもらって食事なりお土産なり買ってもらったほうが地元にお金が落ちると思うが、なにか杓子定規な対応だ。

話を戻そう。

移動にお金をかけずにその分ホテルや食事にお金をかける。

今年の夏は夫婦でそんな旅行を計画してみてはいかがだろう。

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.