時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

IT

インフルエンサーの意味

投稿日:

「インフルエンサー」と聞いて乃木坂46を思い出したシニアの方はかなり芸能通だ。

「インフルエンサー」とは英語で「influence」と表記して「影響」などの意味がある。

簡単に言うと、「影響力のある人」という事になる。ただここでいう影響力とは実社会における経済力や政治力ではなく、ブログなどのSNSにおける影響力の事をさしている。

最近、流行りの「ユーチューバ―(グーグルが提供する動画サイトYoutube等過激な描写等により閲覧者を増やすことにより広告収入を稼ぐ人々)」などもこれに含まれる。

要はSNSの中で発信する事により商品購買などの影響力が期待できる人々という事になる。

ただ侮るなかれ日本を含め世界中には数千から数万の読者を持つ「カリスマブロガー」は腐るほどいる。

もしその読者の数%が反応しても商品が動くわけだから、メーカー側も無視出来なくなっている。

最近では、「インフルエンサー」にブログで触れて欲しいメーカー側が事前に商品を持ち込むのも増えているらしい。

そうそうテレビにも「家電芸人」なるものがでてきているが、これはその典型だ。

商品を面白おかしく紹介していくと何故かその芸人のいう事に説得力がでてくる。

消費者もつい購入なんて繋がりかねない。

芸人側にとってもうまくするとそのメーカーのCMを担当できるかもしれないからコメントにも力がはいる。

そうそうある芸人は大手電機量販店のCMをもらっていたはずだ。

ちなみに前述の乃木坂46の「インフルエンサー」の歌詞を見る限り言わんとしている事は「影響力」だ。

芸能人はテレビにでている分、「インフルエンサー」になりやすいのかもしれない。

ところで「インフルエンサー」と聞くと「インフルエンザ」を思いだす方も多いのでは?

実はインフルエンザの語源は、冬季になると毎年のように発生する流行性感冒が天体の影響になるもの考えられたイタリア語の「influenza」だった。

-IT

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.